年末年始


スポーツ指導で子供たちに携わる人なら一度は見たことがあるであろう『スキャモンの発育曲線』というものがある。それは植物と季節の関係のように子供の発育というものが自然と連動して『とき(時間)』とともに育んでいくものであると感じる。それは遅れてもいけないが、早すぎるのはもっと厄介である。成長期に成長せずに枯れてしまう。早さより、かけるべき時間をかけるべき時にかけているかの方が大切なのだ。

私には6歳と8歳の息子たちがいる。息子たちの年齢を考えると、これからの数年必要になるのは自然や現実との親和力ではないかと思っている。できる限り実際のものを見る、匂う、触る、聴くというようなものから、それらの長所を見つけていくことの大切さを伝えたい。意味がわからなくともこの時期に『生(ライブ)』感のあるものを経験させる時期だと思う。

ただ最近の風潮として首をかしげるのが、グローバル化とか何とかで早くからの外国語教育、外国への留学などである。ただしこれら教育、語学、留学などそのものを否定しているのではない。まず自分の文化に対する観賞力(心)が育っているかどうかが大切なのではなかろうかという問題提起である。そのためには歳で言えば10歳になるくらいまでに、自分の生まれ育った文化というものを心で理解しておかないといけないと思う。これが育っていれば異文化に対する理解は逆に早くなる。明治維新の若い政治家たちが外国留学で成果をあげたのは、自国の文化についての理解が深かったからに他ならない。

年末年始というのは大掃除の仕方からお節の準備、お雑煮のだしの取り方、飾り付けなど、それぞれの国や地方、家系、家族というものに文化というものがあることを理解するのに大切な期間なのだ。これは自論でしかないがお正月は家族で過ごすものだと思っている。あなたの生まれ育った町、今住んでいる町、あなたの生まれた国では、大晦日、お正月に何をして遊びましたか。そして、どんなお手伝いをしましたか。

子供たちの成長にとっては、たかがお正月されどお正月である。お正月にお正月の文化と接して過ごすことは、かけるべき時間であり、かけるべき時なのである。

IMG_1484 IMG_1485 IMG_1486

 

今年も一年くだらない記事を読んでいただきありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>