打てるという感覚があること


ジュニアのレッスンをしていました。ボレーをボール出しで練習していたときのことです。気づくとネットにかけるミスを誰もしていませんでした。

「みんな すごいよ そうあることじゃないよ」って言いながら、どんどんボールを送っていました。

そんなときです。私のボール送球が少しミスヒットしてしまいました。すると、それを打とうとした子供が打つ直前に打たずにスルーしたのです。

これはすごいことです。私もその子と同感でした。あれを打てば必ずネットに引っ掛けていたでしょう。それをその子は打つ前に気づいていたのです。それを無理して打つと記録が途切れることを。

そういえば、イチロー選手はある対談でこんなことを話していました。

「打てる」という感覚があること。
バッターにとっては、
ピッチャーがボールを放した時点か、
もしくは放して近づいてくるところで、
打てるかどうかが決まるわけです。
バットがボールに当たる瞬間で
打てるかどうかが
決まるわけじゃないんです。
ピッチャーが投げている途中で、
もう打っている。

やっぱり子供ってすごいよね。抑制よりも本能が強いから。本能よりも抑制が強い大人は打つところばっかり気にしてる。実はそのずっと前に決まってることなんだけどね。

fullsizeoutput_6370

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>