レフティー


このブログで描いてる絵は、生徒さん用の教材としても使うことがあるために、モデルが右利きである場合が多い。けれど、描きたくなるモデルは正直レフティーだ。自分の師匠もレフティーだってのもあるし、テニスでも時代を変えてきたのはレフティーだ。

態度の悪さ、トラブルメーカー、反逆児と悪いところもたくさんありルールや一般常識を基本的に好まない。けれど、そんな悪いところも全て許せてしまうようなカリスマ性や美学が彼らにはあった。

彼らのテニスを見ていると、持ち方も、構え方も、振り方もない。打ち方なんてものは自由だと言わんばかりの自然な動きを見せる。攻め方だって自由だ。むしろ危険な綱渡りのような戦法、コースを楽しむかのように相手を倒す。

ロッドレーバー

IMG_2105 DSC_0014

 

踏み込んで打つ並進運動、球種はフラットおよびスライスという既成概念なんて、レーバーの打ち方にはなかった。オープンスタンスの回転運動を使いドライブ回転で相手をベースラインに釘付けにした。また、フォアハンドだけならともかく、ウッドラケットで片手打ちのバックハンドでもドライブショットで前に出てくる相手をパスで抜いた。ファーストサーブはコースを丁寧につくもんだという時代に、ロケットといわれる強烈なサーブでエースを量産した。

 

ジミー コナーズ

IMG_2104 DSC_0002

 

コナーズも、まだベースラインからエースを取るなんて愚かだといわれた時代に、平然とベースラインからでもエースをとりにいった。とくにフォアハンドよりバックハンドが強烈だった。しかし、このバックハンドも当時は両手打ちバックハンドなんてリーチが狭く、極端に非力なプレーヤーだけが使うショットだという常識を壊してしまった。グリップも変な握りだったが、その変な握り方のほぼワングリップでサーブから、ストローク、ボレーまで全てをこなした。

 

ジョン マッケンロー

IMG_2103 DSC_0006

相手に完全に背中を向ける極端なクローズドスタンスからのサーブは、誰もがコースを読むのに苦労させられていた。逆にマッケンロー自身は、相手のコース予測が早く、ネットに出ればマッケンローのいるところに相手が打っているようにしか見えない鮮やかなネットプレーだった。

 

教える側にとっては最も真似をしちゃいけない3人で、見る側にとっては最も美しく楽しい3人でもある。けれど、教える側の私にとっては、本当は真似をすべきことが多い3人で(真似るとこ間違えちゃダメだけど)、最も考えさせられる3人でもある。

そんなこと考えながら、GW休暇明けのレッスン内容を考えてる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>