リターン


一般の方のスクール生大会で、女性の生徒さんに男性のサーブが曲がるから返せないと質問されました。「すごい曲がるんです」「こんなんよ」と身振り手振りで説明されて「コーチは何で返せるんですか」「どう曲がるか何でわかるんですか」と聞かれました。

レッスン中じゃなく、大会の運営もしてたので手短にこう答えました。

「まず簡単な分類です。遅いのか速いのか、横に曲がるのか縦に弾むのか」

「それから、どう曲がるかよく見たり、考えてしまわないことです。実際に僕もどう曲がるのかなんてわかってません。」

「だから、初めて対戦する人のサーブは最初からベストヒットしようとなんて全く考えてません。どういうタイプで、どうタイミングを合わせて行こうかな みたいな感じです」

これ以上はできる人の論理だと言われるので説明しなかったのですが、相手の軌道を分類してタイミングを合わせれば、軌道と自分の体全体が一緒に動くようになってきます。敵の打った軌道なんですが、その軌道と自分の体が一体となったハーモニーのような感覚になればリターンゲームはこっちのもんです。しかし、そんなこと書きながら私も全てリターンを返球できるわけではありません。利き腕側の腰が早く持ち上がり、その後もラケットが出てこないで胸が張られ、ラケット、腕の出どころがわかりにくいサーブを打つ人は無理です。(左利きに比較的多い)そういう人のサーブ軌道も分類には当てはまるのですが、軌道やコートに落ちてからの弾み方に角があるのでどうしても差し込まれてしまいます。

ちなみに、若き日の速いサーブを打てた私のサーブを「軽いなあ」といって簡単に捕らえてしまう師匠に「何をみてわかるんですか」って聞いたら「腰」とだけ言われました。これについては正直今もよくわかってません。ただ、そんな師匠も、私と試合形式で初めて対戦したときは、私からノータッチを取られました。しかし、その後は二度とありませんでしたが…つまり何かを見切られたんでしょう。

まだまだ、わかってないことだらけです。

fullsizeoutput_6db5

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>