近況報告(路地人宛て)


学生の頃、遊びでボクシング部の友達とスパーリングをさせてもらい、何度か練習をさせてもらったことがある。ヘッドギアもつけて、大きなサイズのグローブでやったが、人生で一番長く苦しい3分間だと感じた記憶がある。

そのときにボクシング部の子に言われたのが『足捌き』と『体捌き』だった。僕のパンチがいいとか悪いことかじゃなく、当たっても効かないタイミングや間合いを体全体で作る方法だった。(ボクシング用語でダッキングとかのことなんだけど、わかりやすく伝えてくれたんだと思う)

路地人さんがコメントで『たこ八郎』さんのこと(芸人としてもすごいが、日本チャンピオンまでなったボクサーとしての)書いてくれてたんだけど、相撲の大横綱双葉山も幼少期に失明してた。僕は視力がいいし、測ったことなんかないけど動体視力も悪くはないと思う。けれど、ボクシングでは全くヒットさせれなかったし、相手のパンチも見えてなかった。『見る』ってのはやっぱり目だけのことじゃないんだよね。

 

預かってる若い子2人は、未だに道に迷ってるようだ。ただ、僕自身の反省として過保護に教えすぎていたと反省してやり方を変えて接するようにしてる。僕が過保護すぎて目だけでものを見る習慣が出来あがってしまってる。だから、結局何も見えてこない。

僕の方は目だけでものを見なくなってきたから、色々と調子がいい。(ただややこしい問題が全部解決したわけではないが)

来週あたりかな。そっちに遊びに行かせてもらいます。

fullsizeoutput_6e2a

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>