井上陽水の歌が美しいわけ


やんでるはずの雨がまだ降ってる。子供の野球のリーグ戦が中止になったので、ちょっと難しい(私にとって)本でも読もうかと思ってる。

この著者の西成先生は、車の渋滞だけでなく、あらゆることに渋滞があって、その研究をされた結果を本にまとめてる。私からすると、将棋の格言である『一番強い手が最善手というわけではない』と同じことが結論づけられているだろうと思ってる。渋滞解消のコツは『わざとゆっくり行った方が結局は早く行ける』であり、それがあらゆる分野での渋滞解消のコツになる。

西成先生の本を井上陽水をBGMにして読んでる。

fullsizeoutput_63ef

 

陽水も『一番強い言葉が、最も優れた言葉というわけではない』という人である。陽水の歌詞は意味がわからないようで、結局は美しいラブソングとして表現されてる。そこに皮肉も混ぜてるところが、また素晴らしい。結局は井上陽水の歌には渋滞がないのでしょう。

今日の午後には雨はあがる。テニスコートには愛好家から未来のテニス選手まで様々な人たちがプレーを楽しむでしょう。しかし、それと同時に数々の渋滞を引き起こすのでしょう。その渋滞を解消するのが私の仕事なのですが、まだまだ力不足のところがありまして。

fullsizeoutput_6f59

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>