もしも『待ち』ができたなら


レッスン前に少しオンコートで、今日のレッスン内容をアシスタントコーチと打合せをした。そのときに、どうも体のキレが悪いことに気づいた。そんなこと感じながら打ってたら、後ろで見てた生徒さんが動画を撮らしてくれと頼まれた。だから調子が悪くても『待ち』が作れるショットだけを撮ってもらった。

本当の実力ってのは、状況や調子の悪いときにどうするかというようなものでわかるんだけど、どうしようもない日があるのも事実だ。結局は『待ち』がない、作れない日というのは何をやってもうまくいかない。テニスだけじゃないけど、1年はおろか1ヶ月に一度、調子が悪い時期は1週間に一度とかいうペースで、そんな日があって避けることが難しい。そんな日が試合の日だとかだと絶対に勝てない。(そうならないようにピーキングがあるんだけど)

僕はそんな日が大事な日と被って、最悪な結果だったときに頭に流れてくる歌がある。

 

  もしも『待ち』ができたなら
思いのすべてを軌道にして
きみ(自分のペア)に伝えることだろう
ボディ展開にはボディ展開のよに
ストレート展開にはストレート展開のよに
打ってきたときは打ち返すよに
だけど ぼくには『待ち』がない
君に待たせるコースもない
ラケット面はいつでも半開き
使いたい腰が残される
アア アー アア ………
残される

もしも『待ち』ができたなら
小さなコースを一つだけ
きみに待たせることだろう
ペアのこと考えた展開や
心が通わぬ相手ペアや
おさえきれない相手の打ち方が
だけど僕には『待ち』がない
ペアと夢みることもない
心はいつでも空まわり
待たせるコースさえ遠ざかる

  アア アー アア ………
遠ざかる 

毎日がこんな日だと辛すぎるけど、たまのこんな日は、この歌聞いて落ちるとこまで自分を落としちゃえばイイんだよね。そしたら、また『待ち』ができるから。

fullsizeoutput_6f7c

もしも『待ち』ができたなら」への1件のフィードバック

  1. タエちゃん

    いやー、まいりましたね。
    全ての歌が、コーチの意図するように替え歌になるんだから!
    これだけ、わかるように毎回陽水さんやキロロさんや坂本さんや西田さんが伝えてくれてるんだもん、耳にタコができるように心にも体にもタコができて、待てるように!内側に入り込めるように
    と出来て行ってくれることを願いながら、楽しみのレッスンに出かけます。
    でも、あかんやろうなー、又うなだれてコートを後にするんやろうなー・・
    石の上に三年、千里の道も一歩から、チリも積もれば山となる??

    返信

タエちゃん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>