迷わない


おばあちゃんが、子供たちのために本を買ってきた。

読んでみたら『こどもの』が余分じゃないかと思った。ページ数や量は確かに『こどものための』なんだけど、内容は大人子供と関係ない。簡単に書いてるけど本当に理解して実践してる人は多くないはずだ。

利に合えば即ち動き 利に合わざれば即ち止まる

物事の判断として『好きか嫌いか』と『有利か不利か』のどちらを基準に考えれば適切なのかなんて、すぐに正しい答えを導き出すのは難しい。何が有利なのかわからないから、好きなことを選択するとそれが後で有利だと気づくこともあれば、何が好きなことなのかわからないときに、有利なことを選択すると、それが後になって好きなことだったと気づくときもある。要はわからない、迷っている状態が多いの。でも、孫子は迷わない。

最近、お天気の週間予報はずっと雨だ。先週もそうだった。けれど全部雨だったわけではない。秋雨前線が停滞する時期で、それが上がってくるのか下がるのかがわからないからだ。今日だって昼から雨は上がる予報だが前線次第ではわからない。台風の軌道もわからない。一応は週明けに上陸しそうなんだけど、それも曲がり方次第でわからない。気象予報士さんもさぞ迷っていることだろう。でも、諸葛孔明は迷わない。

僕は孫子みたいな偉い人じゃないから、決断に多少の迷いがあっても構わない。諸葛孔明みたいに人に頼られる人でもないから、秋雨前線や台風の動きが読めなくても構わない。けれど、テニスコーチだからテニスコート上では迷いたくない。生徒さんがテニスコート上で迷うのは僕の責任だ。

そんなこと考えながら早速迷ってる。昼からは上がるはずの雨が上がらない。昼からのレッスンをやるかやらないかで迷ってる。

91ECA59B-E3D3-4538-B78C-D0CF4881A7E9

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>