失敗のチャンス


ドラフト会議は毎年面白い。なぜ面白いかのかっていうと、誰も、誰が活躍する選手になるのかわからないからだろう。上位指名の選手が活躍するわけではないし、下位の指名選手のほとんどは一軍に一度も上がらずに戦力外になることが多いのも事実だ。それぞれの球団で独自に編み出した評価基準というのがあって、それらが数値で細かく分析されているが絶対ではない。体格に恵まれても、人より走るのが早くても、球速があっても、飛距離があっても、これから活躍する選手になるのかどうかは誰にもわからない。

先週は選挙があったらしいが、結構な数で世襲議員というのが増えてるように思う。閣僚なんて半分以上ではなかろうか。中国の共産党大会でも世襲議員が多いらしい。結局は先行きが不透明で難しいことは何かと数値だとかAIを使った指標とか、世襲なんかの血統だとか保証のようなものがないと安心できないんだろうと思う。

身も蓋もないことだけど、1割の確率でヒットを打つ人と、3割の確率でヒットを打つ人を打席に立たせても結果は10か0しかない。安心な保証のある商品を使ってみても、保証のない商品を使ってみても、故障するかしないかという結果は10か0しかない。

清宮くんが「やっとスタートラインに立てた」って言ってたけど、その通りなんだと思う。これから何をするのか。どれだけ練習するのか。どれだけの経験をつめるか。どれだけの失敗できるチャンスを作るか。

0622B683-D8A8-48AE-9DD1-FAB292317056

 

 

 

 

失敗のチャンス」への1件のフィードバック

  1. 路地人

    「目の強さ」での仮説 は仮説でなく ほとんど答え出してますよね!
    あの様に表記できるちから、いつも凄いと尊敬してます!
    各個人に流れる時間に関しては、不平等過ぎて 神様の性格を疑いますよね♡

    「失敗のチャンス」0か10しかない
    の事が解りませんでした・・・ 2や6とか最強の3も無いのですか?
    又、お時間御座いましたら教えて下さい。

    「私の近況」現場では とても×2幸せな時間が増えてます!
    ラスト~ッ! と声をかけても S練習をやめてくれない5名の初級クラス
    同じくV:Vをやめない6名の初中級
    形式中、途切れる度に寄ってくる4名の中級クラス 少しづつですが。

    「復習」憶えてるだろうけどねっ・・・なんとなく
    ・裏と表
    ・コーチの前をみる→前(目の前 現実) 
              前(その先 未来) 
              前(その前 過去)←特にここが死角となりやすい
    極論話 サーブ練 リターン練のレッスン最近調子どう?
    (サーブ最近調子良くなりましたっ!!)
    ギロッ!(テメ~じゃネ~よコンニャロ~ レッスンっつてんだろ~がよ~~ッバガッ)

    前がみえないと 失敗のチャンス にならないもんね

     

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>