脈絡がない


自分なりにテニスのことが少しずつわかるようになってくると、お友達が減ってくる。根本的な間違いに気付いたりするもんだから、たかだか遊びのテニスなんだけど、何か人間否定のようなアドバイスに取られかない。だから、最近はテニスのことを話しするときにその辺を気にしすぎて他人行儀になりすぎる。ゴッドファーザーのマイケルみたいな顔をしてることが多いんじゃないかと思う。自分では認めたくないだけで、ちょっとイライラしてるから子供たちにあたってしまうこともある。すごい自己嫌悪におちいる。

今日は休日だ。

雨で子供たちの少年野球もない。こんな日は何をすればいいのだろう。嫁が部屋の模様替えをしてるから手伝うべきか。子供たちは将棋してるから一緒に遊ぼうか。それとも本でも読みながら昼寝でもしようか。そんなこと考えてたら、なぜかアメリカにレイモンドっていう女子のテニス選手がいたことを思い出した。彼女のテニスが素晴らしかったというのが頭に浮かんでくる。

どうやら今の僕には、脈絡というのがないようだ。いやむしろ脈絡をわざとつなげようとしてないのかもしれない。テニスの試合に負けるときってこんなときだよね。

D8A89B4E-68A0-4865-9680-D30B8EA23A6D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>