練習とは


練習というのは実践に即して行うというのが基本だ。けれど例えばテニスの練習で手でボールを送ってもらう練習がある。これは現実にはありえない軌道で飛んでくるボールを打つんだから一見すると実践には即していない。ネットの向こう側からラケットでボールを送っても、送る側の立つ場所であったり角度によっては実践に即しているとはいえない。しかし、こういった一見すると実践に即していない練習というのは全てが間違いではない。むしろ過程としてみると絶対といっていいくらい必要だ。問題はそれをやれと指示するコーチ側や、それを出してくれと頼む練習する側がどういう意図でやっているかということが大切なことだ。また、その意図というものは同じメニューでもコーチ側や練習する側によって違いがある。

野球のイチロー選手が打席に入る前の素振りである。 

この動画の後ろ(ベンチの中で)にもイチロー選手と同じ左バッターが、相手投手のピッチング練習にタイミングを合わせてる。けれど意図は明らかに違うように思われる。私もテニスでこのイチロー選手のような素振りや、自分でトスして同じような形でゆっくり打つという遊び練習をよくする。ただし、当然ながらこの意図とイチロー選手の意図が同じかどうかは、その本人同士に聞いて見ないことにはわからない。

どんな世界でも、技術を習得するというのに練習は不可欠だ。そのときにどんな世界でも、その世界でのメジャーな練習方法というのがある。その数はさほど多くはない。しかし、それぞれの練習の意図というのは深く掘り下げていくとたくさんある。けれどこの深い部分での掘り下げなしに技術の習得は難しいと思っている。また、その意図が時とともに新たに加わったりするもの、変わることというのもある。逆に深く掘り下げないにしても、絶対にこの目的でやっちゃいけないこと、こういうやり方を絶対にしちゃいけないことというようなことくらいは理解してやらないと、余計に悪い癖がついて、練習時間と技術向上が比例しない。

そして、それらの意図というものに一貫した繋がりが必要だ。それを脈絡といい、練習には目的に沿った一貫した大きな芯が通ってなきゃいけない。これら全てを含めて『実践に即した練習』と私は解釈してる。

fullsizeoutput_70c9

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>