39の夜


今、学校で習ってる小数点が苦手な長男に、小数点を教えてくれと嫁に頼まれた。真面目に教えようとお父さん先生をしたけれど、話はどうも脱線してしまう。息子に聞くと消費税の問題が出るらしく、消費税を説明しようとしたことが話が脱線しすぎた理由だと思う。

物事を分類するという中で『変わるもの 変わらないもの』という概念で分類するというのはオーソドックスなやり方だ。経費でも売上でも『変動 固定』にするということから始めるように。消費税の計算方法なんて値段に1.08かけるのと、逆に割るのと、0.08かけるくらい覚えてりゃ、あとは計算機で簡単にわかる。けれど消費税だけじゃなく、これから税法というのがどう変わっていくのかは難しい。それで税とはどういうもので、昔はそれがお金じゃなくてお米だったとか秀吉の太閤検地とかを説明しはじめたらどんどん脱線していった。税は消費税だけじゃなくいろんなものにかかっていて所得税から土地、自動車、酒、煙草などの税率を一緒に調べていった。所得税なんかは年収の額が大きくなるにしたがって割合も大きくなるから、私の給与明細を見せて実際に計算したり、大きな金額を稼ぐプロ野球選手の所得税を計算したりして遊んだ。

すると話はまた脱線して、小数点というものを扱う数字が変化するものに多いということに子供が気づいたから話は確率の話になった。長男がやってる野球も打率や防御率といった数字がある(防御率は少し難しいからパス)それをまた遊びながら計算したりした。

FD4DA030-5A33-40A5-A605-BBF9150827D4

 

あまりに脱線しすぎたので、私ははじめに長男に何を 伝えたかったんだろうかと考えた。最も伝えたかったのは『変わるもの 変わらないもの』があるということだ。『変わるもの』が一つ変わると他にも変わる部分がある。そして、それがなぜ変わったのかということを理解することの大切さである。それに『変わらないもの』もある。それはそれで『変わるもの』に影響されても変えちゃいけないものもあるということだ。よくよく考えると、私が生まれたときに消費税なんてなかった。はじまった当初は3%だった。学生時代は5%だった。自動販売機のジュースをはじめて買ったときは100円だったし、よく買ってた頃は110円だった。けれどいつに間にか130円になってる。そんな話をしてたら尾崎豊の『15の夜』が頭に流れてきて、昔は自動販売機のジュースが100円だったことを証明するために聴かせてあげた。

最初は『闇の中 ぽつんと光る 自動販売機 100円玉で買える温もり 熱い缶コーヒー握りしめ』を聴かせるだけだった。けれど、歌詞冒頭の『落書きの教科書と 外ばかり見てる俺』にはじまり、やりばのない気持ち 逃げ場のない 背を向けながら 大人たちを睨む 家出の計画を立てる 自分の存在  誰にも縛られたくない 逃げ込んだ夜… と、なぜか心に響くフレーズばかりだった。そういえば、先月の会議みたいなやつで、私はずっと落書きして別のことを考えてた。真剣に話せばウザがられ、現実論を話せば場をしらけさす。昼ごはんも一人で食べて、夜の忘年会も辞退して一人で帰った。私が尾崎豊を知ったのは中学二年生だった。14歳で聴いたときも同じように心に響いたことを今でもはっきりと覚えてる。それが39歳になった今でも心に響く。9歳の長男の心にもいずれ響く歌になるのは間違いない。

あっ、そんなことより自分がテニスコーチだということを忘れてた。相手がベースラインにいても未来永劫ずっと後ろにいるわけじゃないよ。チャンスボールだと思っても、自分はどこに立ってるの?そして相手はどこに? そのためにはどんな軌道をどこまで描くのかな。そして次にどこへポジションを変えるのかな?

テニスでは行く先のわからないまま走り出したら駄目だよ

自由になれた気がしたでは駄目だよ

fullsizeoutput_7159

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>