子供から学んだこと


僕らの仲間内ではレッスン中に『揚げ足取り』のアドバイスをしちゃうことが悪になってる。これを言いはじめたのは仲間の路地人さんである。いつもおかしなことばっかり言ってるけど、たまに心に突き刺さるいいことを言う人で、そのいいことの中の一つである。それを聴いてどう解釈してるのかはそれぞれの世界観だから何でもいい。そう考えてたらムーくんがあるコーチに、子供のレッスンのことでラインにアドバイスを送ってた。それを観た僕は、そのコーチでは、その言葉の意味がわからないのではないかと思い、自分の世界観の中の『揚げ足取り』に関する意味をラインで送った。

fullsizeoutput_716c

 

『揚げ足を取る』という意味を調べれば 言葉尻や言い間違いといった ちょっとした失敗などを取り上げて責めること というようなことが書かれている。確かにそいう意味で誰もが解釈してるけど、もう少し深く掘り下げると、人によってその解釈や世界観というのは違う。

なぜ『真似すること』が大事なのかは、この人それぞれの解釈や世界観を、真似してる人の世界に入り込んで冒険することにある。その冒険の後にもう一度真似したものが本当の自分の姿である。

これが、僕の子供から学んだ大切なことの一つ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>