忙しいのに


レッスンのボール出し練習では上手く打てるようになってきた。けれどラリー練習やゲーム形式になるとそれが使えない。そこで使えてなければ試合では出来ない。試合でできないということは率を上げる練習ができないから、プレッシャーのかかる公式戦ではもっと使えない。その山登りの中で橋のない大きな谷底があるから停滞してしまう。

ファーストボレーが良かったら、次のセカンドボレーも合うようになってきてる。猪木待ちからのスマッシュやハイボレーも上手くなってきてる。けれど序盤の展開が上手くいかない。いや、その上手くいかないと思ってるのが私だけで生徒さん側がそれに気づいてない。だから谷底に落ちてしまうんだ。

そこで私が考えているのが、形勢判断のやり方だ。生徒さんのほとんどが序盤戦の形勢判断を過大評価して間違えてる。今日のレンタルコートに来てた生徒さんたちを見て確信した。生徒さんたちは生徒さんたちの中でいいプレーがあって喜んでるんだけど、私から見た形勢判断では、全然有利な状況を作れたわけじゃない。それが見えてるから、いいボールでナイスポイントしても、その前のことにダメ出しするから、生徒さんのホッペを膨らましてしまい、口を尖らせてしまう。

じゃあ少し私の中の形勢判断を紹介させてもらう。

まず、テニスというスポーツはコントロールするということが容易ではない。だから他人のプレーを見てると、いい打ち方したとか、ボールに勢いがあったとか思っても、打ってる本人としては多かれ少なかれ、少し差し込まれており、たまたまボールが深くなってたとか、少し慌てて引っ掛けており角度がついてしまったというように、いつも想い通りにコントロールできてるわけではない。そんな中での、よくあることとして雁行陣から前並行陣をとるアプローチ、ファーストボレーの中での形勢判断をしてみる。形勢判断の基準は次の通りである。

C1829142-764F-4E51-9F76-BC0316701EFE

まずは、少し打ち方的に始動が遅れて思ったより深くなった。けれどなんとかアウトせずに済んだようなアプローチが打てた場合。

B4FE0579-921A-48DF-8395-1F1C9A5667E7

実は思い通りにコントロールできたわけでもないのに、ここで有利だと形勢判断してる人が多い。例え深いボールで相手の状態が良くないにしても、次に迷いもあるわけだし、思ったより自分のボールスピードも出てる分時間に余裕もない。しかも、上手く合わせられたら、結構速いボールが返ってくる可能性もある。また、相手側の形勢判断を考えるとこっちが狙い通りかどうかは別にしても、深いボールであることには違いないから互角以上にいい状態だとは形勢判断しない。だから、次にこっちからあまいボールがくるとは考えてない。そのためこっちの打ち方を見てくるだろうし、ややディフェンシブに待たれる。そんな中でも決めれるようなボールが打てる身体能力があればいいが、そんなのアマチュアレベルでは持ってない。こう考えていくと、この場面での形勢判断は互角はおろか、やや不利であるという位置付けにすべきなのだ。

じゃあ、それで次のファーストボレーをどう考えるか。

0F5AB0DD-FDBB-4432-9E92-8614AD3E7F4E

次のファーストボレーでも、形勢判断的にはやや有利という位置付けに持っていけたらいいくらいに考える。それは仮に浮いてきたとしても、コース的に自分の前に飛んできても同じである。形勢判断的に互角付近の位置づけから、かなり有利、勝勢まで欲を出してしまうと迷うし見えなくなる。また、仮に思ったより有利方向に位置付けを動かせるかどうかの判断として、相手側の形勢判断が不利から互角、もしくはやや有利と思わせるような展開になれば、切り返していいときもある。

では続いて、ある程度スピードは抑えたが、コントロールとしては思い通りのアプローチが打てた場合はどうか。

360FF22E-7C5E-4194-AFA3-A3A54B7F00FF

この場合でも形勢判断としての位置付けは互角、やや有利程度である。むしろ、こういうコントロールを優先さした展開では、相手の形勢判断を誤らせるという目的がある。自分としては互角なのだが、相手にとってはスピードもないし、厳しい角度を付けられてるということでもないから、むしろ相手側にとって有利だと思って、打ってきたり、センターへついてきてくれると、こちらが有利になる。

そういうこと考えながら、次のファーストボレーはどうするか。

502D23A3-99B4-496F-81B9-0167027DBB3F

ここもいい形であったとしても、有利になればいいくらいのファーストボレーになる。一気に勝勢になんて欲は出さない。でも、相手の形勢判断が有利な方に誤って位置付けされていたら、そのボールがウィナーやエースになることがある。けして、勝勢に一気に持っていこうとしたウィナーやエースでないことを理解すべきである。

それでは最後に、スピード、コースといい完璧なアプローチが打てたらどう形勢判断するか。

5A3222FD-95B1-495E-A615-29109373A228

 

答えはそれでもやや有利くらいに考えるべきだ。理由は相手側の形勢判断にある。これに関しては、この状況での負けを相手側も認めてる。この劣勢状態からコツコツと互角に戻すのが難しい状況であるため、ここでは一か八かの大きな形勢判断の位置付けが変わる切り返しを狙ってくる。そのかわり相手側は次の準備が遅れるわけだから、次に会心のショットなんて打てなくていい。だからこんな場面においても過大評価する形勢判断をすべきではない。

書き出すと止まらなくなるが、仕事がいっぱいたまってる。これくらいにして、この形勢判断をどうやってレッスンで落とし込むか、この土日で考える。路地人さんから電話もあったし、はやぶさ君が胃腸炎になるし、特別プライベートレッスンの抽選してないのも生徒さんに急かされたし。

忙しいのに…。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>