運んで見つける第三の選択


江戸幕府は薩摩藩と長州藩が同盟を組んで倒したとされている。けれど薩摩藩と長州藩だけでは幕府は倒せなかっただろう。やはり坂本龍馬が先見性のあるリアルな形勢判断をしたおかげで明治維新があったのだと思う。薩摩藩も長州藩もそれぞれにポテンシャルの高い藩であったことは間違いない。ただ、思想といい行動力といい元気がよすぎてとても偏ったところがあったのも事実である。だから、歴史上の大きな出来事として扱われてないけど、薩英戦争や下関戦争といった外国との無謀な戦争でボロ負けしているという事実がある。

これとよく似た形として、テニスのダブルスにおけるハイボレー展開というのがある。自分側だけの形勢判断として有利だと勘違いして、ハイボレー=チャンスボール、絶対的有利という偏見を持ってしまう人が多い。浮いたボールは全てがチャンスだと叩いてばかりいたのでは薩長と同じでボロ負けしてしまう。そこで坂本龍馬の形勢判断を自分の体の中に入れてあげないと勝てない。

例えばこんな場面。

AD29C5EE-F960-4C80-889E-873ECB750376

相手の足元に落としたから浮いてきた。本当に軌道が見えていて入り込めてるなら打っていいときもあるが、どんなときもそんなベストな状況であるとは限らない。しかも、相手は沈められてしまったがために浮いたわけだから、それなりに次はディフェンシブに待たれる。打ち方もよく見られてる。また、自分側もサービスライン上であり、抑えて打つにはネットの高さが気になってしまう冷静に考えると難易度が高いショットなのだ。

坂本龍馬的な形勢判断がないと、意味なく叩いてしまう。たまにそれで決まったりするもんだから余計に理解できない。しかも、相手はディフェシブだから手前にバウンドしてストロークのように処理されてしまう。要はいろいろと危ないのだ。

38CC0C33-3394-43C3-A661-F1852375535F

 

これはまさに薩摩と長州が、槍や鉄砲で最新鋭の長距離大砲を持ったイギリスやフランスと戦って勝てると思ってたほど愚かなことである。そこで最近のレッスンでやってるのが、この場面で相手にハイボレーさせるという展開である。

B2C41D3E-7EC9-4507-8190-5185AF3041AE

 

要点はサービスライン上のハイボレーを、相手にハイボレーさせるということではない。それが絶対的な正解ではない。坂本龍馬の最も優れているのは、理想論と現実論の狭間で二者択一ではなく第三の選択を探す努力をしたところにある。大政奉還は龍馬の第三の選択だし、龍馬が殺されてなければ戊辰戦争で多くの犠牲者を出す必要がなかったかもしれない。つまり坂本龍馬は叩くという行為が最後の最後であり、基本的に運ぶという選択肢を探し続けた人なのだ。

龍馬に理解のある中岡慎太郎でさえ、龍馬のやることは生ぬるいという不満があったようだ。もっと一気に叩いてしまえばいいのにと思われていたそうだ。その龍馬を殺す必要があった人物は、龍馬に並ぶ形勢判断のできた人物であるのだろう。並みの人間では龍馬のやろうとしてることがどういうことかなんて理解できない。

本当に気をつけなきゃいけない攻撃とは、叩いてくることではない。運ばれてくるときだ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>