出会い


プロ野球のキャンプが始まった。何やらヤクルトスワローズが初日から10時間ほど練習させたらしい。阪神も広島も中日もキャンプの練習時間がこの数年長くなっている傾向がある。この傾向は落合博満さんが中日を何度も優勝させ、その中日のキャンプが練習日数といい、時間といいこれまでになく長かったことが要因だと思う。ただ、落合監督が就任するまでは逆に練習日数、時間はどんどんと短くなっていた時期もあった。それはヤクルトで野村克也さんが常勝チームに育て上げ、そのヤクルトの練習時間は人間の集中力という観点から短めだった。その代わりに毎夜戦略ミーティングを行っていた。

現在の野球界には大きな3つの流派みたいなものに分かれる。

まずはイチロー流。身体が持つ自然との調和を重視する人で、ウェイトトレーニングはナンセンスと言い切る、自分の意識や感覚を大切にして、それが柔らかい体と頭がないと邪魔されるという考えで、個性を尊重する流派。

続いては落合博満流。古き良き時代を取り戻すという考え方。走る練習もトレーニングシューズではなくスパイクで、筋肉はウェイトトレーニングではなく素振りをすれば、ノックを受ければ自然につく。野球動作以外に必要な筋肉はいらない。そして、何より走ることが最も大切で、心技体ではなく、体技心で、まず身体で覚えてしまうという流派。

最後はダルビッシュ流。スポーツ生理学から栄養学まで最新のデータを駆使して、プロテインなども服用してウェイトトレーニングを重視する。長時間の走る、打つ、投げるの反復練習に反対で、効率化重視。高校野球は週休二日にすべき、投手は球数制限を設けるべきという意見を強く持ち、感覚や伝統といったあやふやな理屈が大嫌いで、科学的な根拠に基づくものしか信じない流派。

これら三つの流派は、プロ野球界だけではないように思うのは私だけではないだろう。テニスの世界だって、スクールだって、ジュニア育成にしたって、大体この三つに流派が分かれる。スポーツだけではないだろう。将棋にしても、商売にしても、会社経営にしても同じではないだろうか。

結局はどれが正解というのではなく、どれも正解でどれも間違いみたいなところがある。そして、イチロー、落合、ダルビッシュともにその世界での成功者であり結果を出してる。こう考えていくと結局は出会いなんだとつくづく思う。いくら生まれ持った性癖があるとはいえ、幼少期に育てられ方、初めての先生、師匠、上司、ライバル、仲間といった人との出会いが大きいだろう。

私は人との出会いに恵まれてきたと思ってる。それに感謝してる。ただ、もう少し年齢的にも私と出会って感謝されるようでないといけないと思った。

fullsizeoutput_643c

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>