ステファン エドバーグ


長男が算数で立方体の展開図がわからないと言われたので、一緒に紙で展開図を書いて立方体をいくつも作った。それから算数の展開図の問題を解かせたら、サイコロの数字などでいくつかの法則みたいな気づくところを見つけていった。長男は小さな頃話しはじめるのが遅くて少し心配したことがあるように、言葉や文章の理解力に問題がある。ただ、歴史など興味のあることなら本もそこそこ読んでる。計算も速く、法則を見つけるのも早いが、立方体の絵が書いてあり『正方形はいくつあるでしょう』という問題を『1つ』と書いて間違える。たぶん立方体と正方形の違いはわかるが、言葉としての立方体も正方形も頭の中では『同じもの』というくくりで捉えているんだと思う。正方形と長方形の違いにも興味はなく、むしろ直線で結ばれる全ての形は直角三角形からできているということなんかに興味を示すんだと思う。ただ、学校のテストで良い点をとるには致命的な欠点であるが、この欠点が私は少し羨ましいと思うときがある。

福田雅之助さんが『この一球は無二の一球なり』とはおっしゃられている。確かにそうなのだが、いろんなボールや軌道の行き交う展開で、もっと長男的なひとくくりの『同じもの』という捉え方ができないとテニスは上手くいかないと思っている。一般的なテニススクールは基本のショットが6つもあるようで、そこに球種がドライブ、サイド、アンダーと3種類あり、打つ高さもロー、ミドル、ハイと3つもある。そして、それぞれにマニュアルに書かれた指導法というのがあって、それを1期間12週で教えていくそうだ。これは私の頭ではついていけない。けれど、師匠がよく言ってた「一つできれば全部わかる」という境地にも到達してない。

1990年代にステファン・エドバーグという選手がいた。エドバーグは美しいサーブアンドボレーに、華麗な片手バックハンドを打つというところを注目された選手である。けれど、私はそこではなく一瞬にして相手の弱点(入り方)を見抜いて、相手からの打ってくるコースを潰す技術が優れていると思っている。そのエドバーグが持つ予測技術に長男的なものの見方が必要なんだと感じてる。

先に正直に書いておくが、私は長男を賢い子だと確信している。けれど、その自慢を書きたいわけではない。ものの見方に関することを書いてる。わかるかなあ…。

0D0D29BD-F676-44C6-B345-E1DADF2690EA 9BAF72EE-A5F7-489D-95C2-A574254CB915

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>