カテゴリー別アーカイブ: junior

子供たちの素晴らしいところ


テニスの技術でレベル分けをしていないジュニアクラスのお話です。

そういうクラスだと、同じ学年や年齢であっても1年ほど担当するとクラスに習熟度的な差が生まれてきます。今日のクラスはその中でも習熟度がとても高いクラスでした。今日が年度の最終レッスンということでまとめ的な内容になりました。サーブの練習に入る前に子供たちを前に立たせて私がサーブを見せながらひっかけ問題を出しました。

「ラケットとボールが当たるとき、コーチはどっちを見ているでしょうか」

「打点だと思う人」

「それとも打っていきたい方向だと思う人」

オチとしてはどっちかに手を上げさせといて「答えは両方でした」とひっかけようとしていたのです。しかし、子供たちはどちらも手を上げずに「上を見てた」「どっちも見てない」などなどと二択問題なのにそれ以外の答えを口々に発言しはじめました。

fullsizeoutput_646c

 

その後サーブの打ち込み練習をして、私が「はい終了!」と声をかけたら、ある男の子が「いっつも俺が打とうと思ってるときに終わるわ」とつぶやきました。なるほどねと思いました。その男の子はサーブがクラスで一番良く、サーブ練習の終わるタイミングというのは、どちらかというと気になる子やサーブが苦手な子をチェックしたときというのが多く、サーブが得意な男の子をチェックして練習を終了するということが少ない傾向に気づいていたのかもしれません。また、ボールカゴの配置などで今日はサーブなのかスマッシュなのかということに多くの子が気づきます。つまり重要なことは、傾向から法則に格上げするということを自然に知っている子が多いのです。

fullsizeoutput_646a

 

そして、ラリー練習中のことです。ある女の子がネットの向こうで何かを言っています。「〇〇ちゃんなに?」って私が聞くと「いつもよりコーチのネットミスが多い」と言われてしまいました。思わず笑ってしまいましたが、子供たちは本当にすごいところまで見ています。私は子供たちを見ていると思っているのですが、それ以上に子供たちはコーチを見ているのかもしれません。そんな誰もが気づきそうで気づかないところに気づくということは、要点をしっかりと捉えているのだと感じました。

fullsizeoutput_646b

 

知識や経験といったものは大人の方が上なのかもしれませんが、ものごとの見方、捉え方というのは明らかに子供の方が上なのでしょう。シンプルに素直に見るというのはやはり大人にとっては難しいことなのでしょう。

子供は簡単にできるけど大人が難しいこととして

『第三の選択』

『法則に気付く』

『シルエットで見れる』

結局行き着くところは頭の良し悪しとかじゃなく、やはり見方、捉え方なのでしょう。

 

自然な身体の使い方


人の身体の構成要素ってすごい複雑です。ただ構造としては本来シンプルであって最終的には『自然か』『不自然か』というところに落ち着きます。

問題は身体の構造(可動域など動きも含む)と『自然な身体の使い方』との間には盲点のような見えないゾーンがあることです。

重心の操作にしたって、とりあえず身体も質量とみなしてしまえば姿勢や動きの中でどこに重心があるかわかるのですが『自然な身体の使い方』における重心の意味は違うような気がします。可動域や柔軟性についても見えないゾーンだらけです。

現在は科学的な動作分析が可能となり、身体の構造理解と『自然な身体の使い方』との間にある見えないゾーンの幅が少なくなってきているような気がします。ただ個人的にはこれが罠ではないかと考えています。そもそも盲点とか錯覚というのが、脳が都合よく見ようとしても見えなかったものなわけですから。

きっちり割り切ろうとすると無理が出る。でも割り切れるような罠がある。どこで割り切って、どこで四捨五入して、どこで切り捨てるのか。

自然な身体の使い方って難しいな。

fullsizeoutput_645c

 

打てるという感覚があること


ジュニアのレッスンをしていました。ボレーをボール出しで練習していたときのことです。気づくとネットにかけるミスを誰もしていませんでした。

「みんな すごいよ そうあることじゃないよ」って言いながら、どんどんボールを送っていました。

そんなときです。私のボール送球が少しミスヒットしてしまいました。すると、それを打とうとした子供が打つ直前に打たずにスルーしたのです。

これはすごいことです。私もその子と同感でした。あれを打てば必ずネットに引っ掛けていたでしょう。それをその子は打つ前に気づいていたのです。それを無理して打つと記録が途切れることを。

そういえば、イチロー選手はある対談でこんなことを話していました。

「打てる」という感覚があること。
バッターにとっては、
ピッチャーがボールを放した時点か、
もしくは放して近づいてくるところで、
打てるかどうかが決まるわけです。
バットがボールに当たる瞬間で
打てるかどうかが
決まるわけじゃないんです。
ピッチャーが投げている途中で、
もう打っている。

やっぱり子供ってすごいよね。抑制よりも本能が強いから。本能よりも抑制が強い大人は打つところばっかり気にしてる。実はそのずっと前に決まってることなんだけどね。

fullsizeoutput_6370

 

興味→練習→試す→実戦


子供が歴史について興味を持ち始めたので、お父さん先生の授業がスムーズになってきた。ホワイトボードに今日の題材として『長篠の戦い』って書いたら振り仮名打つ前に小3の息子は漢字が読めていた。またGoogleのChormecastってのをセットしすれば、iPhoneからの動画をテレビに繋げれたのでよりスムーズな授業が可能となった。

IMG_1544

とにかく興味を持てば何でも早い。学校の常用漢字のテストでは満点を取れないし、本読みでは習っていない漢字はわからないと言うのだが、歴史の本に書いてある漢字はすぐ読める。『長宗我部』なんて朝飯前のように。

理科だってすぐに覚えるだろう。長篠の戦いは織田信長が有名な鉄砲の三段撃ちという火縄銃を使って武田軍を倒したという話なのだが、当時の火縄銃は水に弱い。しかし戦ったのは旧暦の5月で今の暦でも6月中旬となる。つまり梅雨の時期なのだ。武田軍の有名な騎馬隊だって疑わしい。馬は音に敏感だ。火縄銃の爆発音を数発鳴らせば驚いて馬は走らない。それなのに武田軍が騎馬隊で攻撃したというのはありえない。

日本史では長篠の戦いを織田の鉄砲VS武田の騎馬隊となっているが、テーマはそこではないのは明らかだ。織田の戦略とそれに対する準備力と武田勝頼という信玄の息子のうぬぼれと油断がテーマとなる。

IMG_1546

 

子供たちだけでなく私も含め、信長から学ぶべきことは多い。ただ、その学ぶべき信長とは日本史に出てくるイメージの信長ではなく超リアリスト(現実主義者)の側面である。やったことは前例のない斬新で工夫だらけのものだが、全部それらを練習して試してから使ってるところである。

今日はこれからテニスの上手いスタッフたちとの練習会である。昨日も密かに闇練習をしに行ったので、今日はそれを試そうと思ってる。

 

LEGO と LaQ


息子たちは二人とも1月生まれだから、クリスマス、お正月と誕生日が一気にやってくる。とくにお正月は王様ではないかと思うくらいに二人ともお年玉やプレゼントをたくさんもらっている。

我が家の今年のクリスマスプレゼントはLEGOブロックだった。私自身も小さな頃からLEGOと遊んできた。年末年始はこたつでLEGOを作るのが何よりの幸せであり没頭できる一つであった。そんな子供たちにとっては幸せなお正月に、親戚からLaQというLEGOのようなおもちゃをいただいた。

IMG_0045 IMG_0046

LEGOとの違いは5種類のジョイントパーツがあり、平面的に展開するジョイントから曲面展開、直角展開、複数方向展開とあり、それらを展開していきたい目的に合わせてつなぎ合わせていく。

LEGOとLaQはどちらが面白いか、優れているかということがネットでも書かれているが、それは子供たちが決めればいい。ただネット批評をざっと読む限り、大人たちはLaQ寄りの意見が多い。

IMG_0042 IMG_0040

私個人的な意見としては、おもちゃではなく、それぞれの企業に目が向いてしまう。LaQは知育だとか脳科学的見地からとか保護者寄りのメッセージが多く好きではない。ビジネスモデルとしてはどうしてもLEGOの二番煎じ的なモデルになるため、戦略上は仕方ないという部分も理解はできないでもないが、誰のためのおもちゃなのかをシンプルにした方が好みである。ただ本社を奈良県吉野郡という素晴らしい場所に構えており評価できる。一方でLEGOは年間売上4000億ほどの世界的企業にも関わらず、株式非公開の会社にしており、資本主義の論理で子供たちのおもちゃに邪魔が入ることを嫌っている姿勢はさすがである。

おもちゃに関しては、下からの積み上げで作るLEGOの方が好きだ。私個人的なものであったり、男の子であったりという要素が含まれているのだろうが、基本的に構造理解するときに頭が働き、下からの積み上げの成果が結果になるということに興奮するからだ。またLaQ寄りの意見として、LEGOは独自のものが作れないというのが多かったが、それは明らかに違う。LEGOのパーツだって見方を変えれば他のものに置き換えられる。ただブロックパーツの種類はLaQの方が少なくて済むという効率的な部分は好ましい。それでも、LEGOはたくさんのブロックパーツがいるということ自体がコレクター魂に火をつけるところもあり、結局のところそれぞれの好みとなるのだろう。

DSC_0115 DSC_0086 DSC_0217 DSC_0032 DSC_0019 DSC_0102

最後に、私の仕事的にはレッスンというのはLaQ的な広がり、認識、効率性が大切で、その基盤となるテニスやスクール、身体のことのような構造理解、知識量、分類というのはLEGO的な広がりが大切なんだと思う。

 

 

 

 

興味


私は頭がよくないと思っている。ただし自分だけの頭がよくないとも思っていない。人間はみな頭がよくないと思っている。だから難しいことは簡単に、簡単なことは難しくという考え方の基本は大切なんだろうと思っている。そう考えると頭がいいということ自体もちゃんとわかっていない。学校の成績がよければ頭がいいのか。お医者さんはみな頭がいいのか。大統領や総理大臣といった国の首長も頭がいいのか。国内年間被害額が40億円ほどある振込詐欺をやってる奴だって頭がいい。その詐欺にひっかかる被害者は頭がよくないのか。

現在、テニスというスポーツで最も強いのがジョコビッチ選手である。世界ナンバーワンにもなるような選手だから身体能力も相当いいとされているが本当だろうか。とくに柔軟性とバランス能力が高いらしい。ただこのような身体能力という観点で見るとNFL(アメリカのフットボールリーグ)の選手の方が遥かに高い。テニスに関わらずスポーツだってゲームなのだから頭がいい方が良いとされる。しかしスポーツにおいても運動神経がいいとは何のことか、身体能力とはどれを指すのか、ゲームに強い賢さとは何なのか…これらを明確に答えられる人は実は誰もいないのである。

IMG_1534

昨年のいつ頃からであろうか、息子たちが歴史に興味を持ちだした。とくに私が何かを仕掛けたわけでもない。はじめは漫画日本の歴史を読んでいただけだったが、今ではその巻の年表を見るようになっている。また、自由帳に武将の絵を描くようになったり、人形で合戦時の陣形を並べて遊んでる。

IMG_1536

学校の勉強でも歴史というものを教えられる。テストには何年に〇〇幕府が開かれたとか、〇〇という制度がはじまったというものを暗記しておかないといけない。私は歴史についての深い解釈ができるのでわかるのだが、学校で教わった歴史には間違いや嘘が多い。勝海舟が江戸城無血開城の立役者、秀吉が信長の仇を討った、義経が崖を降って平氏を奇襲した…みんな嘘である。歴史なんてものは過去の事実から学ぶものだということ自体間違えている。歴史なんて根本的には小説と同じフィクションである。

IMG_1423

では歴史から何を学ぶべきなのか。

歴史だけではないと考える。その他の学校で教わる科目も、音楽も美術も体育も、そしてスポーツもテニスも自分であり、他人でもある人間に興味を持つことを学べるのだと思っている。それは『心』という部分である。心という物自体が非科学的なものではあるのだが、想像力であり創造力なのだ。

今年のお正月は、西南戦争について調べている。

今はグローバリゼーションなんて言って、会社員だけでなく子供たちにもタブレットが配られる時代である。プログラミングを知らない人は今後取り残されるそうで、大手の会社は国内でも英語を話さないといけないそうだ。

明治維新のときは丁髷なんてしてたら世の中についていけないと慌てて七三のざんぎり頭にみながする。イギリスのやってることが全て正しいとされ、汽車を走らせたい、ネクタイを締めたい、植民地が欲しいと何でもかんでもイギリス化である。これを文明開化と呼んだそうだが、今から考えれば子供の飯事レベルである。しかし、その飯事が子供ではなく大人だったために朝鮮半島、中国、ロシアと戦争になり第二次世界大戦に負けるまで、それが飯事であることに気づけなかった。

西南戦争とは江戸時代に武士だった人間が困って起こした反乱だとされている。国内の戦争がなくなり、新たな徴兵制度で武士以外の人間も兵隊になることができるようになった。しかも廃藩置県で実質公務員扱いだった武士の給与は家禄という補助金みたいなものとなり、他に商売をしないと飯が食えない状態に追い込まれていた。確かにその側面があるのは事実だが、そんな単純な理由だけではない。またその首謀者とされる西郷隆盛はそんな士族からの信望があり、若い士族たちを守りたいという男気で立ち上がったとされているが、これもまたそんな単純ではなかろうと考える。

そもそも廃藩置県という制度を施工するにあたって、西郷隆盛は士族の象徴的存在としてお飾りだったと言われている。隆盛が引退して鹿児島に帰るきっかけとなった征韓論にも首をかしげることが多い。西郷隆盛の深い真を知るには、隠居して農業をしながらも鹿児島に作った私学について調べていく必要がありそうだ。士族の若手に対して開講したとされているが、士族のためだけに作られてはいないこと。軍事訓練が主な授業であったことは事実かもしれないが、それは反乱を起こすからではなく、朝鮮半島を攻めて植民地を作ることでもない。それをときの政府が目につけ、反乱の恐れがあるという大義名分から鹿児島の弾薬庫を封鎖しただけである(これも罠だけど)

IMG_1533

『西郷隆盛は私と同じことを考えていたのではないか』という仮説は大変おこがましいが、歴史を学ぶというのはそういうものなのだ。たぶん西郷隆盛は『心』の教育をしようとしたんだと思う。それはやはり想像力であり創造力といった部分であっただろう。西郷隆盛は明治維新という時代に何を想像し、何を創造しようとしていたのか。

知的好奇心という言葉は嫌いだ。

興味でいい。

興味を持つということ。それ自体が心ある証明だから。

 

 

 

 

 

年末年始


スポーツ指導で子供たちに携わる人なら一度は見たことがあるであろう『スキャモンの発育曲線』というものがある。それは植物と季節の関係のように子供の発育というものが自然と連動して『とき(時間)』とともに育んでいくものであると感じる。それは遅れてもいけないが、早すぎるのはもっと厄介である。成長期に成長せずに枯れてしまう。早さより、かけるべき時間をかけるべき時にかけているかの方が大切なのだ。

私には6歳と8歳の息子たちがいる。息子たちの年齢を考えると、これからの数年必要になるのは自然や現実との親和力ではないかと思っている。できる限り実際のものを見る、匂う、触る、聴くというようなものから、それらの長所を見つけていくことの大切さを伝えたい。意味がわからなくともこの時期に『生(ライブ)』感のあるものを経験させる時期だと思う。

ただ最近の風潮として首をかしげるのが、グローバル化とか何とかで早くからの外国語教育、外国への留学などである。ただしこれら教育、語学、留学などそのものを否定しているのではない。まず自分の文化に対する観賞力(心)が育っているかどうかが大切なのではなかろうかという問題提起である。そのためには歳で言えば10歳になるくらいまでに、自分の生まれ育った文化というものを心で理解しておかないといけないと思う。これが育っていれば異文化に対する理解は逆に早くなる。明治維新の若い政治家たちが外国留学で成果をあげたのは、自国の文化についての理解が深かったからに他ならない。

年末年始というのは大掃除の仕方からお節の準備、お雑煮のだしの取り方、飾り付けなど、それぞれの国や地方、家系、家族というものに文化というものがあることを理解するのに大切な期間なのだ。これは自論でしかないがお正月は家族で過ごすものだと思っている。あなたの生まれ育った町、今住んでいる町、あなたの生まれた国では、大晦日、お正月に何をして遊びましたか。そして、どんなお手伝いをしましたか。

子供たちの成長にとっては、たかがお正月されどお正月である。お正月にお正月の文化と接して過ごすことは、かけるべき時間であり、かけるべき時なのである。

IMG_1484 IMG_1485 IMG_1486

 

今年も一年くだらない記事を読んでいただきありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。

腰の話2


長男と寝る前の会話

長男:「今日学校で握力測ってん」

父:「へー」

長男:「けど、あんまり力がなかってん」

父:「握力なんていらんで」

長男:「えっ そうなん?」

父:「だって、手は小さいやろ」

長男:「何が小さいん?」

父:「手以外にもっと大きいとこあるやろ」

長男:「足」

父:「もっと」

長男:「どこ?」

父:「腰」

長男:「あっ ほんまや」

父:「大きいもんが大きく、小さいもんは小さく。それが正しい使い方」

長男「ふーん」(少し考えてる)

父:「戦国時代の武勇に優れた武士も、ホームランをたくさん打つ人も、すごいボール投げるピッチャーもみんな腰を使ってるから」

長男:「そうなんや」

父:「わかったか」

長男:「うん、わかった」

父:「そんなすぐわかるかいや」

長男:「えっ そうなん?」

父:「一生かけて追いかけるもんや腰は」

長男:「お父さんもわかってないの?」

父:「そうやで。それも最近になってやっぱわかってないことに気づいてん」

長男:「大人でもわからんのや」

父:「大人の方がわかってないねん」

長男:「えっ、大人の方が」

父:「もうええ、はよ寝ろ」

長男:「おやすみ」

父:「はい、おやすみ」

腰の旅はまだまだ続くのであった。おやすみなさい。

 

 

 

がんばる


最近はテニススクールもビジネスチャンスとして低年齢からを対象としたレッスンをやってるとこが増えてる。うちも4歳からのコースがある。昨日はその4歳からのクラスを担当してる若手が俺様のレッスンに勉強でアシスタントに入れてくれと頼んできた。

俺様の低年齢クラスのレッスンは、ビジネスチャンスとかでやってるスクールのコーチとはちと違う。次元が違うとでもいった方がいいだろう。俺様くらいのレッスンだと、子供にテニス教えてるだけじゃなく、その親が子供との接し方の勉強としてずっと見てる親もいる。

そんな次元の違う俺様のレッスンは、俺様が父親で子供がいるからできるんだと先輩コーチに言われるけど、それだけじゃない。出来るのは俺様が天才だからだと言いたいところだが、実は俺様も低年齢の子供には苦労してきた。そもそも昔は小ちゃい子をレッスン中に泣かしすぎて、そもそも担当させてもらえなかったくらいだ。すんごい勉強したから全部は教えてやんないけど、ちょっとだけ教えてやる。

まず、学校、幼稚園の先生も保母さんも『平等』をはき違えてる。小ちゃいから何でも短く、簡単にしちゃいけない。誰もが出来る課題を用意して、誰でも出来るからやりなさいと追い込んじゃ駄目なの。

俺様は、まず3本のラインを引くことからはじめるんだ。

image

 

限界ってのは大人であれ子供であれ誰にでもある。けど、その限界ラインには2つあるんだ。一つはその子本人にが、そうだと思っている『自分が考えている限界ライン』と、俺様の経験と直観でわかる、その子本人の知らない『自分の知らない限界ライン』だ。それと、みんなでやるからには守らなければいけない『最低限やってもらわないといけないセーフティライン』の3本だ。

この3本を基軸に『がんばる』ということを定義してる。

image

 

これをコーチと小ちゃい子供たちが共有しておくことが大切なんだ。『がんばる』なんて4歳でもわかりそうな簡単な言葉みたいなものこそナメちゃいけない。こういう簡単なことを、わかっているようでわかっていない大人はすごく多い。そんで、その基軸がわかれば『褒める』基準も共有できる。

(注)小ちゃい子でも、最低限守らなければいけないセーフティラインを下回る行為が見られたら、それはがんばってないんじゃなく他に問題がある。例えば体調不良だとか、オシッコなどの生理的現象など。それなのにがんばらせても意味ない。また、自分の知らない限界ラインを遥かに超える域に入っちゃうと副作用があるから要注意)

 

小ちゃい子は『褒める』基準が曇ってたら、信用されない。基準があれば小ちゃい子でも怒っていいんだ。

ただし、こういった基準ラインは俺様と同じじゃなくても、少し経験がある先生やコーチは持ってる。けど、俺様くらいの超一流は、これを同一のラインを引かないんだ。むしろ、これを大人たちの平等として同一にするから信用されななくなるんだ。

例えば4歳からの低年齢クラスに4人の子供がいたとしよう。その4人はこんな子たち。

image image image image

 

『ひとり ひとり を見る』ってのは、実際にその子を見てるかではなく、それぞれの限界ラインが、それぞれに違うという当たり前のことを、学校などの団体指導、教育現場では忘れられている。子供にはそれぞれ個性があり、長所は短所でもあり、短所が長所でもあるんだ。それには人間なんだから必ず偏りがある。その偏りが大きい子を発達障害という大人たちの勝手なルールで呼んでるだけ。

そうじゃなくて、様々な活動や場面で、それぞれの適切なラインを先生やコーチが引いてやらないといけないんだ。

例えば『あいさつする』っていう行為に対してはこうなる。

image

 

せっかくテニスしにきてんだから『フォアハンドをお尻で打つ』がテーマならこうなる。

image

プライベートみたいな個別レッスンじゃないんだし、みんなでやるレッスンなんだからある程度の協調性はいる。(協調性のない俺でもやる)だから、ボール集めだって大切だよね。

image

 

ほんで、最終的にテニスはゲームなんだから、勝つ喜び、悔しさも教えてやんないと。

image

こういった、様々なことで成り立ってんだから、それぞれでの場面で、それぞれの個性によって、ラインの高さが違うんだわ。そのラインに合わせた指導をしないといけにないの。これが本当の平等なの。ほんで、自分で作った限界ラインの少し上の『自分の知らない世界』に少しずつ入れてやるんだ。 これを何度か繰り返していけば、知らない間にそれが『自分の知らない世界』が『自分の知ってる世界』に変わってる。これを成長っていうんだ。

image

子ども側からいうと『がんばれば、成長する』これがわかれば、勝手に自分たちで動きはじめる。これを自主性という。

先生やコーチ側からいうと、こういったことを育てるといい、子供たちを『自分の知らない世界』に導いたという。

がんばる

成長

育てる

導く

言葉の意味はわかっていても、現実にできてないのは子供じゃなく大人の方。がんばってないのは大人の方。

以上

 

 

 

 

保護中: 学校


この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください: