カテゴリー別アーカイブ: technique

普通のレッスン


普通のテニススクールで、普通のテニスコーチならボレーはコンパクトにセットして振らない。「ほら、振ってないのに飛ぶでしょ」ってデモンストレーションをやるのが普通だ。僕から見たらそれは詐欺でしかない。僕の普通のボレーはコンパクトにセットはしないし、スウィングする。これが普通のボレーだ。

今週は偉い人と打ち合わせがあったけど、社会人として普通の計画の立て方、見込み、予測は僕にとっては詐欺でしかない。これが普通なら間違いなく破綻の道を進むことになる。

将棋の朝日杯オープンの対局見てたら、解説者が「普通は4ニ銀ですけどね」って次の手を読むんだけど中盤以降はほとんど当たらない。普通にやると負けてしまう世界なんだけど、羽生さんはその普通の手を指さないで勝ち続けることが普通になってる。

このブログの内容は常々物語であると言ってきた。その物語こそが普通の正体であり、物語を書いた作者の中に普通は存在する。そして普通は当たり前ではない。当たり前にするには練習が必要だ。自分の世界の中にある普通を当たり前のものにしていかなければいけない。

明日も普通のレッスンがしたいなあ。

6FF077E5-34C1-49DC-AAD9-9B3CEC996499 82D6DA06-B5C7-454F-B0E6-0D992F709E14

忙しいのに


レッスンのボール出し練習では上手く打てるようになってきた。けれどラリー練習やゲーム形式になるとそれが使えない。そこで使えてなければ試合では出来ない。試合でできないということは率を上げる練習ができないから、プレッシャーのかかる公式戦ではもっと使えない。その山登りの中で橋のない大きな谷底があるから停滞してしまう。

ファーストボレーが良かったら、次のセカンドボレーも合うようになってきてる。猪木待ちからのスマッシュやハイボレーも上手くなってきてる。けれど序盤の展開が上手くいかない。いや、その上手くいかないと思ってるのが私だけで生徒さん側がそれに気づいてない。だから谷底に落ちてしまうんだ。

そこで私が考えているのが、形勢判断のやり方だ。生徒さんのほとんどが序盤戦の形勢判断を過大評価して間違えてる。今日のレンタルコートに来てた生徒さんたちを見て確信した。生徒さんたちは生徒さんたちの中でいいプレーがあって喜んでるんだけど、私から見た形勢判断では、全然有利な状況を作れたわけじゃない。それが見えてるから、いいボールでナイスポイントしても、その前のことにダメ出しするから、生徒さんのホッペを膨らましてしまい、口を尖らせてしまう。

じゃあ少し私の中の形勢判断を紹介させてもらう。

まず、テニスというスポーツはコントロールするということが容易ではない。だから他人のプレーを見てると、いい打ち方したとか、ボールに勢いがあったとか思っても、打ってる本人としては多かれ少なかれ、少し差し込まれており、たまたまボールが深くなってたとか、少し慌てて引っ掛けており角度がついてしまったというように、いつも想い通りにコントロールできてるわけではない。そんな中での、よくあることとして雁行陣から前並行陣をとるアプローチ、ファーストボレーの中での形勢判断をしてみる。形勢判断の基準は次の通りである。

C1829142-764F-4E51-9F76-BC0316701EFE

まずは、少し打ち方的に始動が遅れて思ったより深くなった。けれどなんとかアウトせずに済んだようなアプローチが打てた場合。

B4FE0579-921A-48DF-8395-1F1C9A5667E7

実は思い通りにコントロールできたわけでもないのに、ここで有利だと形勢判断してる人が多い。例え深いボールで相手の状態が良くないにしても、次に迷いもあるわけだし、思ったより自分のボールスピードも出てる分時間に余裕もない。しかも、上手く合わせられたら、結構速いボールが返ってくる可能性もある。また、相手側の形勢判断を考えるとこっちが狙い通りかどうかは別にしても、深いボールであることには違いないから互角以上にいい状態だとは形勢判断しない。だから、次にこっちからあまいボールがくるとは考えてない。そのためこっちの打ち方を見てくるだろうし、ややディフェンシブに待たれる。そんな中でも決めれるようなボールが打てる身体能力があればいいが、そんなのアマチュアレベルでは持ってない。こう考えていくと、この場面での形勢判断は互角はおろか、やや不利であるという位置付けにすべきなのだ。

じゃあ、それで次のファーストボレーをどう考えるか。

0F5AB0DD-FDBB-4432-9E92-8614AD3E7F4E

次のファーストボレーでも、形勢判断的にはやや有利という位置付けに持っていけたらいいくらいに考える。それは仮に浮いてきたとしても、コース的に自分の前に飛んできても同じである。形勢判断的に互角付近の位置づけから、かなり有利、勝勢まで欲を出してしまうと迷うし見えなくなる。また、仮に思ったより有利方向に位置付けを動かせるかどうかの判断として、相手側の形勢判断が不利から互角、もしくはやや有利と思わせるような展開になれば、切り返していいときもある。

では続いて、ある程度スピードは抑えたが、コントロールとしては思い通りのアプローチが打てた場合はどうか。

360FF22E-7C5E-4194-AFA3-A3A54B7F00FF

この場合でも形勢判断としての位置付けは互角、やや有利程度である。むしろ、こういうコントロールを優先さした展開では、相手の形勢判断を誤らせるという目的がある。自分としては互角なのだが、相手にとってはスピードもないし、厳しい角度を付けられてるということでもないから、むしろ相手側にとって有利だと思って、打ってきたり、センターへついてきてくれると、こちらが有利になる。

そういうこと考えながら、次のファーストボレーはどうするか。

502D23A3-99B4-496F-81B9-0167027DBB3F

ここもいい形であったとしても、有利になればいいくらいのファーストボレーになる。一気に勝勢になんて欲は出さない。でも、相手の形勢判断が有利な方に誤って位置付けされていたら、そのボールがウィナーやエースになることがある。けして、勝勢に一気に持っていこうとしたウィナーやエースでないことを理解すべきである。

それでは最後に、スピード、コースといい完璧なアプローチが打てたらどう形勢判断するか。

5A3222FD-95B1-495E-A615-29109373A228

 

答えはそれでもやや有利くらいに考えるべきだ。理由は相手側の形勢判断にある。これに関しては、この状況での負けを相手側も認めてる。この劣勢状態からコツコツと互角に戻すのが難しい状況であるため、ここでは一か八かの大きな形勢判断の位置付けが変わる切り返しを狙ってくる。そのかわり相手側は次の準備が遅れるわけだから、次に会心のショットなんて打てなくていい。だからこんな場面においても過大評価する形勢判断をすべきではない。

書き出すと止まらなくなるが、仕事がいっぱいたまってる。これくらいにして、この形勢判断をどうやってレッスンで落とし込むか、この土日で考える。路地人さんから電話もあったし、はやぶさ君が胃腸炎になるし、特別プライベートレッスンの抽選してないのも生徒さんに急かされたし。

忙しいのに…。

 

 

 

 

時間の使い方


書類系の締切というものにとてもルーズで、偉いさんに疎まれてる私では説得力に欠ける話であることは、最初に言っておこう。結論からいうと、時間の使い方において最も大切なことは『締切』ではない。どこに『ゆっくり』『ゆったり』という時間をどれだけ使えるようにするかが最も大切なことである。これを本当は締切をちゃんと守る社会的に立派な人間がいえばもっと説得力があるのではあるが…。

X JAPANというロックバンドがいる。彼らは…と言いたいところだが、X JAPANというバンドを経営してたのはYOSHIKIである。YOSHIKIは『締切』ではなく、どこに『ゆっくり』『ゆったり』とした時間を使うかということを重視して、ロックミュージックの世界で天下をとったバンドであるとも言いかえることができる。

そのX JAPANを紐解く中で着目すべきが、いわゆるメジャーデビューする前のインディーズ時代にある。まずYOSHIKIはメンバーも定まらない頃に、自身のレコード会社を作っている。また、ロックミュージシャンはそのイメージに神秘性を持たせるためにテレビに出ることを控える風潮があった中で、当時の人気お笑い番組『天才たけしの元気がでるテレビ』に出演したりと、これまでの既成概念というものを無視してきた。そこで知名度を上げて自分たちの曲を聴いてもらう機会を作り、メジャーデビューできる当時の基準でもあったインディーズで1万枚という売上枚数に達しながらも、中々メジャーデビューはしなかった。そのうえ、ライブで会場を満員にできたにも関わらず、ライブに来た人に、当時としては珍しいミュージックビデオを無料で配っていた。おかげでYOSHIKIを含むメンバーはときにアルバイトで日銭を稼ぎながら、ライブやCDの売上のほとんどをミュージックビデオ制作の費用や、ガソリンなどでライブごとに燃やしたり破壊するドラムセットなどの費用にあてられるという自転車操業的な経営をしていた。

これがYOSHIKIの時間の使い方である。まず「メジャーデビューさせてください」と言うのではなく、大手レコード会社から「うちでメジャーデビューしてください」と言わせたところに一つ目の勝因がある。1万枚売れたくらいでメジャーデビューしてしまうと、CDの発売日やそれに関わるプロモーション費というのはレコード会社主導で決められてしまう。いずれはロックバンドでもミリオンセラーして、日本を代表するようなロックバンドになることが夢でも、レコード会社からするとそこまでは当時のロックバンドごときに望んではいなかっただろう。だから良くて5万枚くらい売れるアルバムが一度でも出ればいいだろうくらいにしか考えてもらえない。流行に敏感な音楽業界でロックバンドなんかがミリオンや何十年と音楽の世界に残り続けるはずがない。だから、テレビで少し知られて、数万枚売れる間に使い切ってしまおうと考えるのがレコード会社である。また、メジャーデビューした最初のアルバムが60万枚以上いきなり売れたために、レコード会社としても重要なアーティストになってしまった。そのために発売日やライブの日程などを主導で決めれなくなってしまった。通常であれば年に3〜5枚のシングルと二枚ほどのアルバムを出させて、流行が消えてしまわぬうちに出せるだけ出してしまわせる手法のレコード会社が、X JAPANにはそれを強要出来なかった。そのため、YOSHIKIは3〜4年に一度というようなペースでX JAPANのアルバムを制作したかと思えば、突如一曲が30分ほどある曲を発売したり、制作活動に煮詰まって勝手にソロ活動したりとやりたい放題だった。つまり、YOSHIKIは自分の作品を作る時間だけは誰にも邪魔されず『ゆったり』『ゆっくり』を確保し、締切というものはあっても自由に操作してしまえる状況を作り出したところに勝因がある。彼が音楽制作をする場所を海外にしたことも、レコーディングするスタジオさえも自分で購入したことからも、それを重視したことは明らかだろう。

話は変わるようで変わっていない。この概念を今日はレッスンでレディースの大会に出てる人から6歳の子供まで伝えた。力の入るところや、体の前でとか、いわゆる一般的に正しいとされる打点(締切)ばかり考えているからだ。それを失礼ながら帳尻合わせと呼ぶんだよ。大切なのはそこじゃないんだ。どこに『ゆったり』『ゆっくり』という時間をどれだけ使えるようにするかなんだ。

fullsizeoutput_723b

 

 

上達


自分でテニスが上手くなったなあって思うときがある。他人に自分のテニスが上手くなったと思われるときがある。それぞれに感じるところがあって思うんだろうけど、その本質的な部分まで掘り下げていくと結局は『予測できること』が増えたんだと考えてる。ただし、予測ができるという一点で考えているのではない。例えばサーブに問題があってそれを克服するために練習してセカンドサーブの質と率が良くなったために、ファーストサーブに余裕ができたり、サーブ打った後の展開が早くなったりというようにショットや動き、確率といった線としての流れを通して『予測できること』が増えたという考えだ。

すると、この私なりの上達の解釈から考えた場合に『予測できること』が増えるというのには大きく二つのルートがあると考える。一つ目は打ち方から入るルートと、二つ目は展開から入っていくルートである。線で考えるからには、打ち方も展開もどちらも必要なのだが問題は順番と重要度だ。私はこの二つのルートに正解はないと思っているが、人によっての適正と不適正があると考えているのだ。

そこで考えるべきは体力、時間、環境である。年齢的にも若く、体力もあり身体能力的にも欠陥が少ない。しかも時間的なゆとりもある。日に4時間以上、週に5日はテニスをできる。環境も自宅や近所にテニスコートがあるとか、その練習レベルに合った練習相手もいつもいる。極端な例ではあるが、このくらい体力、時間、環境にゆとりがあれば打ち方から入る方が適正であろう。もっとゆとりがあれば肉体改造することも可能かもしれない。しかし、ほとんどのテニス愛好家にそんなゆとりはない。それなのに展開よりも打ち方が大好きな愛好家が多い(これは日本人特有なのかもしれないが)

持論ではあるが、テニスはフィットネスではなくゲームだと思ってる。相手があってのテニスであり、そこには相手のことを考える、見るといった『予測ができること』がベースにあると思ってる(持論ではあるがとは書いてるけど本音は絶対にそうだと思ってる)そして、それを考えて、それを意図した軌道を描くことができれば自然と打ち方は適切になってくる。これがあってからの打ち方の反復なんだと思う。

そして打ち方の反復には時間、場所と相手がいる。それを自分に合わせて手配できる人は少ない。そこで私が重要だと思うのが『ひとり練習』だ。壁打ちを含めて、自分でボールを打ったり、何かをボールと見立ててイメージしたりというようなひとり遊びができないと上達しない。(今同業の若い連中にやらしてるのもこれを学ばせるため)ただし『ひとり練習』であり『ひとり遊び』でもあるのだから、これを心底楽しめるというのも才能の一つである。忙しい奴より暇つぶしの上手い奴に賢いのが多いのもこれがある。

どっからボールは飛んできたの

どんなボールが打ちたいの

それは何のために

じゃあどんな軌道にすればいいの

じゃあそこを見ればいいじゃん

次に動いてりゃいいじゃん

 

たったこれだけなのにね。

fullsizeoutput_712d

 

もしも『待ち』ができたなら


レッスン前に少しオンコートで、今日のレッスン内容をアシスタントコーチと打合せをした。そのときに、どうも体のキレが悪いことに気づいた。そんなこと感じながら打ってたら、後ろで見てた生徒さんが動画を撮らしてくれと頼まれた。だから調子が悪くても『待ち』が作れるショットだけを撮ってもらった。

本当の実力ってのは、状況や調子の悪いときにどうするかというようなものでわかるんだけど、どうしようもない日があるのも事実だ。結局は『待ち』がない、作れない日というのは何をやってもうまくいかない。テニスだけじゃないけど、1年はおろか1ヶ月に一度、調子が悪い時期は1週間に一度とかいうペースで、そんな日があって避けることが難しい。そんな日が試合の日だとかだと絶対に勝てない。(そうならないようにピーキングがあるんだけど)

僕はそんな日が大事な日と被って、最悪な結果だったときに頭に流れてくる歌がある。

 

  もしも『待ち』ができたなら
思いのすべてを軌道にして
きみ(自分のペア)に伝えることだろう
ボディ展開にはボディ展開のよに
ストレート展開にはストレート展開のよに
打ってきたときは打ち返すよに
だけど ぼくには『待ち』がない
君に待たせるコースもない
ラケット面はいつでも半開き
使いたい腰が残される
アア アー アア ………
残される

もしも『待ち』ができたなら
小さなコースを一つだけ
きみに待たせることだろう
ペアのこと考えた展開や
心が通わぬ相手ペアや
おさえきれない相手の打ち方が
だけど僕には『待ち』がない
ペアと夢みることもない
心はいつでも空まわり
待たせるコースさえ遠ざかる

  アア アー アア ………
遠ざかる 

毎日がこんな日だと辛すぎるけど、たまのこんな日は、この歌聞いて落ちるとこまで自分を落としちゃえばイイんだよね。そしたら、また『待ち』ができるから。

fullsizeoutput_6f7c

リターン


一般の方のスクール生大会で、女性の生徒さんに男性のサーブが曲がるから返せないと質問されました。「すごい曲がるんです」「こんなんよ」と身振り手振りで説明されて「コーチは何で返せるんですか」「どう曲がるか何でわかるんですか」と聞かれました。

レッスン中じゃなく、大会の運営もしてたので手短にこう答えました。

「まず簡単な分類です。遅いのか速いのか、横に曲がるのか縦に弾むのか」

「それから、どう曲がるかよく見たり、考えてしまわないことです。実際に僕もどう曲がるのかなんてわかってません。」

「だから、初めて対戦する人のサーブは最初からベストヒットしようとなんて全く考えてません。どういうタイプで、どうタイミングを合わせて行こうかな みたいな感じです」

これ以上はできる人の論理だと言われるので説明しなかったのですが、相手の軌道を分類してタイミングを合わせれば、軌道と自分の体全体が一緒に動くようになってきます。敵の打った軌道なんですが、その軌道と自分の体が一体となったハーモニーのような感覚になればリターンゲームはこっちのもんです。しかし、そんなこと書きながら私も全てリターンを返球できるわけではありません。利き腕側の腰が早く持ち上がり、その後もラケットが出てこないで胸が張られ、ラケット、腕の出どころがわかりにくいサーブを打つ人は無理です。(左利きに比較的多い)そういう人のサーブ軌道も分類には当てはまるのですが、軌道やコートに落ちてからの弾み方に角があるのでどうしても差し込まれてしまいます。

ちなみに、若き日の速いサーブを打てた私のサーブを「軽いなあ」といって簡単に捕らえてしまう師匠に「何をみてわかるんですか」って聞いたら「腰」とだけ言われました。これについては正直今もよくわかってません。ただ、そんな師匠も、私と試合形式で初めて対戦したときは、私からノータッチを取られました。しかし、その後は二度とありませんでしたが…つまり何かを見切られたんでしょう。

まだまだ、わかってないことだらけです。

fullsizeoutput_6db5

 

ええねん


相手があってのテニスやから、返ってくることは悪ない。けどな、相手からのボールを見て反応するだけちゃうくて、相手の入り方を見て『待ち』を作りたいねんよなあ。この『待ち』は正直いうたら直感(勘)で決めとるいうのが事実やろと思てる。けど実際のレッスンではそれを論理立てて説明してんねん。(根拠がはっきりしてるものがあるのも事実)

どんな打ち方をするとかどうでもようて、意図(目的)のある軌道をコントロールして相手を見りゃあ、次どの辺に返ってくるのか大概見えてくるやろ。そんための打ち方なんやから、その打ち方とか、どういう形とか振り方なんか関係のうて、相手からのボールをどう捉えるかっちゅうボールの見方になんねん。ほんで、この見方いうのは目の使い方もあるけど、目の動きだけの話やない。どの方向からどんな軌道で、それをどういう向きで待ち構えるかいうこっちゃ。それを伝えるんやったら、まだ直感としての『待ち』がないもんにも、論理的にここに返るっちゅうことを説明して、そこにコーチがコントロールしていくんや。ほんで、それが出来たらコーチ抜きでもできるように練習していくだけや。それも出来だしたら実戦でも使えるようになってきて、その精度を高めていく。そういうもんを経て直観力いうのはついてくるもんや。

それでやな、その過程として完璧主義に陥らないということも大切や。羽生善治さんが著書で『直感の七割は正しい』と書いとるように羽生さんでも七割やで。相手からの返球の『待ち』にしてもここにこういう軌道が必ずくるんとちごて、大体こうなるやろという読みの中に直感として「こうなる」いうんが見えてくるだけのことやがな。それも全部が見えるんちゃうで。そやから、凡人だけやのうて一流の人かてわからへん場面ちゅうのがあって、そういうときの相手への手の渡し方が上手いんや。その考えの基本いうたら、消極的でマイナスのイメージがあるように思われるけど 見切り、キャンセル待ち、逃げる、他力、というようなもんから生まれとる。そもそもこういう能力を身につけていく過程で、全てが予定通り進捗するわけがないやろ。

結局わやな、コーチがなんと言おうが、本になんと書いとろうが、自分の中の直感力を養うていかなあかんのとちゃうか。別にその過程で失敗してもええねん。へんてこりんな打ち方でもええねん。人より遅うてもええねん。教科書に書いてあることでのうてもええねん。セオリーじゃのうてもええねん。

けど、自分のやってきたことまでは否定したらあかんと思うで。

それさえせえへんかったら、後はほんまに何でもええねん。

fullsizeoutput_6db4

 


 

風に吹かれて


ノーベル賞をとったボブディランはロックミュージシャンなのか。いやフォークシンガーか、それともブルースシンガーなのか。分類するというカテゴリ分けは物事を理解するために必要不可欠なものなのだが、ときにその分類が理解を邪魔してしまうこともある。ディランのそのときの魂がロックならロックだし、フォークならフォークでブルースならブルースでいいのだ。

テニスで『スライス』というショットがある。このショットとして分類されているスライスはあまり意味をなさないと感じている。私が師匠から教わったスライスは打ったボールの軌道が『スベる』ということを指しており、ショットの分類や名前ではなく打った軌道のことだと考えている。そして、その軌道に意図や罠や戦術を織り込んでいく。それがディランの魂と同じで、その魂がスライスならスライスだし、その魂がなければスライスでもなんでもない。

スタートとゴールが大切なことは否定はしないが、その過程である経由地点や辿ってきた道筋の方が気になる性分で変えようがない。だからショットとしてのスライスの練習なんてしない。本当に大切なのは軌道(過程)と、それに織り込む魂だと思っているからだ。そういえば、昔大阪のテニススクールにいた頃、このスライスの軌道についてちょっとしたくすぶりのネタがあった。(個人的には中川家の環状線ネタぐらいの作品だと思ってる)それを最近また引っ張り出してきてレッスンしたらみんな上手くなってきたからとても喜んでる。

久しぶりの投稿を読んでくれてありがとう。ディラン風に言うなら、少しの間、風に吹かれてたから。

IMG_2503

 

 

悔し涙


先週はあることでとても怒っていた。怒って戦った相手はネクタイ閉めた偉い人たち。各方面の最高責任者たちが最後は出てきて僕の説得にあたってきた。わかってはいるものの、タイマンなら負けないけど権力や数の力に僕はあえなく屈することになってしまった。

負けは負けだが、いちおう完全敗北にせず負けの中に次のチャンスは仕込んでる。今日からまた気分一新で一所懸命にレッスンした。生徒さんたちはとても上手くなってきた。この方向でいけば隣のレンタルコートで練習してた生徒さんたちも上手くなる道筋がはっきりと見えてる。(今は全然できてないけど)

このブログの愛読者である路地人さんがちょっと遠くへ行っちゃってから、誰からも練習、質問とかないのは相変わらずだけど、僕のテニスとレッスンは明らかに道筋が見えてて順調だ。早く『外し方』を生徒さんに教えてあげたい。そのためにはちょっと勉強しとかないといけないことがあるから、夜飯食ったらビール飲みながら少し調べものをする予定だ。

今回の悔し涙が嬉し涙になる日が来るといいな。

fullsizeoutput_69cc

ありのまま


『考えすぎ』ってことには良い意味と悪い意味があるのではなかろうか。

悪い『考えすぎ』というのは何事も良い結果を生み出さない。悪い『考えすぎ』ってのは結果しか見えてなくて、失敗を過度に恐れる。良い『考えすぎ』ってのは興味から生まれてて、興味があるから、好きだから、夢があるから、頭からやりたいことが離れない。だから、前者は行動が遅れ視界は狭くなり、後者は行動が早くなり視界は聡明となる。

わかっちゃいるんだけど、この辺のバランスを取るのはとても難しい。メンタル的なことだけでもない。自分の加齢や疲れ、体調などの生理的なものから、お天気や季節などの自然現象、周りの環境や人間関係など様々な事柄が関わってる。

結局は、ありのままをある程度受け入れていく覚悟というか許容みたいなものが必要なんだと思ってる。例えばテニスの試合なら、相手に完璧なプレーを1試合通してされたら絶対に勝てないという事実を受け入れるべきである。ただし、自分が完璧なプレーができるのが一年にあるかないかという頻度なんだから、相手もそんなもんだと思えばいい。本当にいいコースに打たれる球質のいいサーブは返せない。相手に待たれてしまったボールを的確に打たれたら仕方ない。

だから、必要最低限のことだけはやっておかないといけない。これは調子が悪いときでもやらなきゃいけない。それ以上のことは調子がいいときにやればいい。

今日は身体がとても重かったけど、どこに打って、どこから飛んできて、それを相手がどんな入り方するかだけは見たよ。

fullsizeoutput_67f7